HUBSAN H502S カスタマイズ編

HUBSAN FPV X4 DESIRE H502Sのカスタマイズ編です。
カスタマイズというほど、大げさなことはしていませんが・・・。f^-^;

・カメラのピント調整
・GPSアンテナ付近の金属テープ貼り付け

H502S・Eのカメラのピントが酷いロットがあることはネットでも有名ですね。
私のも残念ながら、酷いものが届きました。
コレって、自分で直さなくても返品レベルな気もしますが、恐らく何度買いなおしても変わらないと思うので調整します。RCは、普通の玩具と違ってモーターの交換やギアの交換など開けて触るのも楽しみに一つですからね♪

GPSの感度は、確かに雲の多い日は受信に時間がかかったりできなかったりします。ある程度は仕方ないと思うのですが、ネットで皆様やっている金属テープ貼り付けを開けたついでに気休め程度にやってみました。

確かに、3分間・・・。まったり受信するのを待っているほど暇じゃないですよね。

では、まず本体を2枚に卸します。

続きを読む ►

HUBSAN H502S フライト編

説明書開封組立と書いてきましたが、やっとまともに飛ばしてきました。
とは言っても、風が強くかなり遠慮気味のフライトとなってしまいました。

記念すべき最初のテストではないフライトだったのに残念です。

私の住んでいる地域は、ほぼ全域で飛行禁止エリアです。
H502S 200g以下の規制対象外のトイドローンなのですが、世間体と言いますか他の人の目もありますので飛行禁止エリアではないところで人や車がない場所で飛ばしました。初心者ですしねf^-^;

家を出るときは、風は吹いていなかったのですが、飛ばせそうな場所に着いた頃には結構ふいていました。
せっかく高速を使ってきたので、高度はあげずに飛ばしてみました。

プロペラガードなしでのフライトです。

続きを読む ►

WIZZ ワカサギ名人 振出 60

ワカサギ釣りの季節ですね。
ということで、ドーム船で初めて釣りをするために購入したWizz(New)ワカサギ名人 振出 60 を買ったのでいつものことですが素人レビューをば。

そう何回も行くわけではないので、安いものを前日に揃えました。
ドーム船なので、竿もレンタルで一式借りることができる場所のほうが多いと多いと思います。

私が乗る予定の船では、セットで1500円だったので価格を天秤にかけ探した結果、安いのを購入しました。

続きを読む ►

HUBSAN H502S 組立編

HUBSAN FPV X4 DESIRE H502S 説明書編開封編に引き続き組立編です。

手のひらに乗るようなドローンは、すべて組立上がっていて充電してそのまま飛ばせますが、トイドローンの中でも大き目な機種はプロペラの取り付けが必要です。
英語の説明書に四苦八苦しながら取り付けるのも何なので、自分のために、説明書編を先に作ってみました。

続きを読む ►

HUBSAN H502S 開封編

今回は、HUBSAN(ハブサン)のトイドローン ”HUBSAN FPV X4 DESIRE H502S”を紹介します。

航空法の規制対象外の200グラム未満、HDカメラ(720P)・高度維持機能・FPV対応・GPS付きでトイドローンとしては高めですがGPS付きと考えれば安めの設定なドローンです。

前置き

一番の問題点は、FPV(一人称視点)生中継機能の実装に5.8GHz帯を利用しています。
これは、日本では電波法により自由に使うことができない周波数なのです。
つまり、FPV機能をオンの状態でH502Sにバッテリーを接続しプロポの液晶にカメラの映像が映ったらアウトです!(屋内でもアウトです)
※厳密には映る前から、電波を出していると思いますのでH502Sの電源を入れる前にプロポでFPV機能をオフにしておく必要があります。

違反した場合は、懲役又は罰金に処され、前科がつくことになります。

購入前に色々調べたのですが、Youtubeなどで安易に飛ばしていたりレビューをされている方も多くいらっしゃいます。グレーゾーンとか暗黙とかの文章も見かけますが、現実的には違法行為なのでご購入前に慎重にご検討下さい。

私は、幸いにも”第四級アマチュア無線技士”の資格を持っていました。
スマホが普及した今となっては、まったく波は出していませんが無線局免許もコールサインも災害時に使えるかも?と思い失効させず更新していましたので、TSSの保証と総務省の変更申請で大丈夫と判断し購入してみました。

私は、手続きを行うまでFPV機能をオフにして利用します。

追記

総務省の技適マーク検索したところ、本体側の適合を受けてないようでした!
つまり、かなり技術的な申請をしないといけないっぽく日本では簡単にFPV機能が使えないことがわかりました。大失敗でした・・・。高い勉強代ということで。
FPVを使えないので、日本では502Eと同等の機能しか利用できないということです。

また、今後HUBSANが申請すれば変わるかもしれませんが、古い機種なのでもう申請することもなさそうですね。安物に飛びつくとこういうことになるので皆さま注意しましょう。

※あくまで素人が調べた個人の見解です。

2018.1.30 現在の情報です。

FPV機能がスマホを使うWi-Fiと切り替えられると最高なんですけどね。

無線局とかややこしいわ!という方は!

GPSをあきらめて、一般的なトイドローンを買うパターン。

折り畳み式のトイドローンです。H502Sと最後まで迷った機種で皆様のレビューを見ても安定感があり飛ばしやすいと好評のアマゾン ベストセラーのドローンです。

FPVをあきらめて、HUBSANのH502Eを買うパターン。

H502SのFPV機能がないHUBSANのドローンです。生中継ができないのですが、GPSがついているため飛ばしやすいと思います。しかも安い!

安さをあきらめて、Dobby(ドビー)を買うパターン。

航空法の規制対象外の200グラム未満の機種では、最高と言われているDobbyのドローンです。操作はスマホで行います。価格は高くなりますが、評価は非常に高いドローンです。

私がそうだったのですが、安いMJXの不安定なフライトが標準だと思ってしまいスマホでは微調整とか不便そうと嫌厭してしまいそうですが、GPSがついていれば細かい微調整は殆ど不要です。スマホで十分思い通りに飛ばすことができると思います。

ぬか喜びをさせた機種もある。

Wi-Fiバージョンもありました。しかも、カメラが1080Pです。これだ!と思ったのですが、プロポの適合申請がされていませんでした。技適マークがないので日本では飛ばすことができません。

いつもの流れで開封

紫の文字は翻訳ではなく、私なりの解釈です。

パッケージです。

HUBSAN FPV X4 DESIRE
FAST AND EASY FOR ANYONE TO FLY
誰にでも簡単に飛ばすことができます
H502S

♪まっさかさまに落ちてDesire
DESIREは、欲望・望む・願うという意味

パッケージのアイコン
・HD Camera
 HDカメラ
・GPS
・Automatic Return
 自動的に戻ってくる
・Alitude Hold
 高度維持
・Follow Me
 対象物の自動追跡
・Real Time FPV
 生中継

続きを読む ►

1 2 3 4 43