GRS18#クラウン(ゼロクラ)オートリトラクタブルミラー流用

オートリトラクタブルミラーというのは、トヨタ車のディーラーオプションの装置の名前かもしれませんが、機能としては同じことを行います。
18マジェスタ、20クラウンでや最近の車では標準装備されているロックに連動してサイドミラーが格納されるようにします。

不思議なことに、180系のクラウンではマジェスタでは標準でついているロック連動格納ミラーがロイヤル・アスリートにはオプションにすら設定がありませんでした。
みんカラでも定番のマジェスタのスイッチを流用してドアロック連動格納機能をゲットしました。
情報を無料で公開してくださっている先輩方には感謝しきれません☆彡

では、レッツらご~

用意するパーツは以下の4つです。
・オート機能付きのスイッチ 84873-30020 3,910円
・白カプラー 90980-11989 292円
・赤の線(端子付き) 82998-12690 486円
・茶/白の線(端子付き) 82998-12870 583円

参考にさせて頂いた方も価格を出していたので、私も参考程度に価格をf^-^;
ディーラーで購入しているので、ディーラーの利益が上乗せされているはずです。
共販で直接注文すればもう少し安いと思いますが、確か注文時に車検証が必要なはずですがマジェのパーツのためロイヤルの車検証では購入できない可能性があったしリコールの序だったので。

因みに、TS3カードで支払えば特約割引として1割引なので実質合計は、4,743円となります。

それにしても、端子付きの配線が高すぎます・・・。
端子はもしかしたら、アメ横などに行けば見つかるかもしれません。しかし、そこは時は金也!

003-20160609-automirror-001

マルチのサイドパネルを外すために、シフト回りのパネルを少し浮かします。
センターコンソールボックスを開けて、赤丸の辺りを上に引っ張り、後方に1センチ程度ずらしておきます。
※車を平らな場所に駐車し、車輪止めをかけフットブレーキをしっかりかけ、ブレーキを踏みながらシフトロック解除ボタンを押しシフトノブをドライブあたりまで動かしておくと良いと思います。

003-20160609-automirror-002

これ外さなくても大丈夫でしたが一応。4か所程度フックで止まっているだけですので引っ張れば外れます。

003-20160609-automirror-003

運転席側のマルチ横パネルを外します。全体的に後報に引っ張れば外れます。
下の矢印の辺りを気持ち上に後方に引っ張れば外れます。数か所フックで止まっているだけです。

003-20160609-automirror-004

皮シート装備車の場合は、シートヒーターのカプラーを外してください。

003-20160609-automirror-005

こちらも、先輩方の教えに従い傷が付きやすい場所に養生しておきます。
コラムしたのカバーを外すためにメーターの下のパネルを少し浮かします。
赤丸の辺りを引っ張れば浮きます。左側だけで大丈夫です。

003-20160609-automirror-006

この車両の場合は、地デジチューナーのリモコン受信部がついていましたが、HUDやナイトビューがついている車両の場合は配線にも注意してください。

003-20160609-automirror-007

コラムしたカバーを外します。まずは赤丸の2か所の辺りのフックを外します。

003-20160609-automirror-008

赤丸の場所にフックがあります。問題は青丸のトリムクリップです。
これが強力に利いているため結構な力で引っ張らなくては外れません。
一瞬足元のエアバッグを外さないといけないか??と思いましたが、外さなくても大丈夫でした。

青丸の写真をみればトリムクリップの抜ける切れ目が分かるので切れている方向に引っ張れば外れます。
もちろん力ずくで引っ張れば外れますが、給油口のふたのオープナーやAFSOFFなど線があるので十分注意してください。

003-20160609-automirror-009

コラム下のカバーをはずすと要約、茶/白の配線を接続するコネクタが見えてきます。
茶/白の配線を指すためにここまでバラス必要があります。スイッチの辺りだけ外せば変わると気軽に注文していたのはココだけの話f^-^;

003-20160609-automirror-010

純正のサイドミラー格納スイッチが接続されていたコネクタです。

003-20160609-automirror-011

アップ

003-20160609-automirror-012

コネクタから線を抜くためにロックを外します。
マイナスドライバーで窪みを抉れば浮きます。

003-20160609-automirror-013

更にピンも爪で引っかかっているので端子がない穴に安全ピンなどを差し込んで爪を抑えながら抜けばピンが外せます。
ちょっとコツが必要ですが、コツをつかめばすぐに外せます。
ピッキングの要領で、安全ピンをあなに突っ込み色々なところを抑えてみながら線をぐりぐり引っ張ればそのうち外れますw

003-20160609-automirror-014

左が、純正の黒コネクタ・右が購入したオートに対応しているスイッチのコネクタです。

003-20160609-automirror-015

背面から。極端な話、ピン(端子)さえパーツ屋さんで発見できればスイッチだけあれば取り付けは可能です。

003-20160609-automirror-016

購入した、端子付きの赤線と白いコネクタ(カプラ)です。

003-20160609-automirror-017

写真の位置に赤い線を差し込みます。

003-20160609-automirror-018

続いて、黒カプラを外した端子を白カプラに刺していきます。
端から、緑・水色・黄色・白/黒・・・・赤

003-20160609-automirror-019

購入した赤線と茶/白線は接続するので今回はギボシを付けておきました。

003-20160609-automirror-020

外したコラム下カバーの右当たりの赤丸のコネクタに茶/白線を追加します。

003-20160609-automirror-021

アップ

003-20160609-automirror-022

コネクタを外します。

003-20160609-automirror-023

コネクタのロックを解除します。左右2ブロックのコネクタだったので、差し込みたいブロックのサイド面からロックを外します。

003-20160609-automirror-024

写真の場所に茶/白線を指します。ピンクの横で水色の2つ横です。
線を指したら、ロックをしてコネクタを戻します。

003-20160609-automirror-025

白カプラに刺した赤線もギボシ加工してます。

003-20160609-automirror-026

赤線と茶/白線を接続します。もちろんギボシでなくても直接ハンダ付けして収縮チューブなどで綺麗に接続してもOKです。
長さがギリギリなので、ギボシで長さを稼いでみました。

003-20160609-automirror-027

そしてスイッチを交換します。

003-20160609-automirror-028

左が、使い古したサイドミラー格納スイッチ・右がオートボタン。
車に乗るたびに触っていたスイッチですが、もう触ることもないでしょう♪

003-20160609-automirror-029

オートスイッチをセットしたらバラシタパーツを組み立てていきます。

003-20160609-automirror-030

トリムクリップが車に残っている場合は、内貼り外しなどで外してカバー側に付けておきます。

003-20160609-automirror-031

ここに付けておけば取り付けが簡単です。というか、そうしないとうまくつかないと思います。

003-20160609-automirror-032

コラム下のカバーをはめる際に、このスイッチ周りがあたって上手くはまらなかったので外したらすぐにはまりました。

003-20160609-automirror-033

ドキドキの瞬間です。スイッチをAUTO(真ん中)にして施錠をしたらウィ~ンとサイドミラーが自動で格納されました!!

4 comments

  • 18クラウン用ミラー格納スイッチを、マジェスタ用部品を取り寄せて、作業したのですが、茶色と白の線が水色の線の二つ横の所に入らず、金具の所が折れてしまい出来ませんでした。どーしたら良いですか?最悪元に戻すのも検討しています。

    • コネクタにピン刺さらない原因として考えられるのは、以下の2点です。

      (1)ロックがしっかり解除されていない
      http://003sh.ou-net.com/blog/wp-content/uploads/003-20160609-automirror-023.jpg
      写真が悪く醜いのですが、コネクタのロック部分の外し方が浅かった可能性もあります。

      (2)ピンの向きが正しくない
      確か、金属部分は四角だったと思いますので、90度づつ回転させて刺さる方向が1つだけとなります。
      ※白いスリットは、手順の写真の場所になるとは限りません。

      正しくロックが解除され、ピンの向きが正しければそれほど力を入れなくても簡単に刺さります。
      茶色/白の線の金属部分が破損してしまったという事で、残念ながらそのコネクタの接続先は直接線を結線することができませんので、再度同じ線(茶色/白)を購入しないと取り付けは難しいかと思います。

      当手順を参考にしていただき、失敗してしまったという事で非常に申し訳ありません。。。

      • ロック解除は上に上がって解除の部品は取れる仕組みになってるのでしょーか?

        • 記憶が曖昧で申し訳ありませんが、解除の部品は1~2ミリ上に上がるだけで取り外しはできなかった気がします。

          参考までに、コネクタからピンを外す際のロックは二重になっており、写真の部分のロックを解除しても外せません。


          GRS18#クラウン(ゼロクラ)グローブボックス1DINオーディオ取り付け
          ↑の写真の用に、外す場合はコネクタの中のロック(フックのようなもの)も針のように先端の鋭いものを利用し2つ目のロックを解除しないとピンは抜けません。
          ※はめるときは、2つ目のロック解除は必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です